麒麟から「幸運の兆し」を見て、マサイマラのサファリで本当に幸運がきた

いよいよマサイマラ、本物のサファリ。
ナイロビからマサイ村まで5時間?くらい。
そこからジープでさらに数時間揺られて、、、
頭がガンガンして来たくらいに到着。

360度、見渡す限り地平線。
なんと自分がちっぽけな存在なのか。
悩んでいることなんて、大したことじゃない。
そんな気分になる。

いきなりライオン、 かなりの至近距離!
仲良しゾウさんも

超節約の旅の私たち、
一泊だけは惜しみなく良いホテルにしようと決め
マラセレナサファリロッジへ。
ヌーの大移動の時期(7~8月)に
高台から見下ろすことができるため、
予約が1年前からいっぱいになるらしい。

引用:AGODA

なんともユニークな建築。
マサイ族の家をモチーフにしていたりして(笑)

テラスでランチ、とても美味しかった。

食事はアフリカ料理というよりアフリカ風西洋料理かな。

サバンナの夕暮れ

草原に平たい離れ離れの木々があり
雲と空、絶え間なく変わる光
心地よい風と仲間。

サバンナ、この全てが調和された
この空間が最高。

夜の月も綺麗だった。
先日の麒麟の「良いことの兆し」から
数日経って、この晩、本当に幸運がきた。
日本から良いニュースが一気に5つも届いた。

こんな地球の裏側で、
今、一緒にいる友人とは
不思議なご縁で繋がっているんだなぁと
つくづく思う。

最高の気分で夜空を見上げて
「ありがとう、ありがとう、ありがとう」

感謝しかない晩。
あー、ずっとここにいたい。
明日は、サファリの朝日を見に行くよー。

この記事が気に入ったらシェアしてね
Facebook
Twitter
LinkedIn

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事
Contact
温井和佳奈への取材、講演依頼、途上国SDGsプロジェクトに関するお問合せ、その他お仕事に関するご相談はこちらから