マサイ族の主食はミルクと牛の血、お家は牛糞でつくる「究極のSDG’s」

マサイ族のお家の中にお邪魔した。

「お家に遊びに行ってもいい?」「いいよー」

牛糞と水を混ぜ合わせたものを塗って作られる。
屋根は雨季に水が浸入するのを防ぐため、草で覆うらしい。
どちらかというと野生動物から身を守るための場所
という位置付け。

さてさて中はどんな感じ?

家の中は、意外にもヒンヤリと涼しい。
そして独特な匂いがするけど、決して嫌ではない。
ミルクの香りと混ざり、ともすれば
食欲が湧く。

あー、私はどこでもやっていけそう。

主食のミルク

主食はミルクと牛の血、豆などで、
肉はほとんど食べないという。
お鍋にかかっているミルクが美味しそうだった(笑)
マサイ族が日本に来た時、日本のミルクを飲んで
これは我々が飲むミルクではない、と言ったそうだ。

こちらのお客様用のベッドで私に寝て行けと、、、。

なんだか、家の中はとっても静か。
こんなところで夜、虫の声を聞きながら
寝たら、ぐっすりかつてない深い眠りを
体験できそう。
(日本女性が一人旅で泊まったこともあるとか)

あらら、生まれたばかりの子猫が。。可愛い。

天井高は185cmくらいじゃないかな。
キッチンとベッドでいっぱいの部屋が3部屋。

お邪魔しましたー

外観はこんな。倒れそうな家を木で支えてる?
6-7年に一度は建て替えるらしい。
反対に5年以上も持つんだと驚いた。

牛糞でできたお家

建て替えるときは、牛糞と草で
女性たちも総出で作る。
ヒビが入ったら、そこにはまた牛糞をすり込む。

全ては地球に戻る素材。
家並みも自体も遠くから見たら
自然の中に溶け込んでいた。

マサイ族の生活は究極のSDG’sと思った。

帰り際にマサイ族男子が
「写真をぜひ送って」というので
電話番号交換。

ナイロビに戻ったらその彼から
電話が鳴った。
「ごめん、写真まだ送ってなかった」
「いや、それよりも今日会えない?」

「・・・え?」

予定が詰まっていると言って切ったが、
マサイ族は、はるか遠くのお家に住んでるんじゃ、、、
ナイロビにいる風だった。

彼の年は私より20歳くらい若い。
そういや、マサイ族との合コンを
先輩女性経営者から頼まれていたなー。

でも、まぁいいや。
また行くときにね。

この記事が気に入ったらシェアしてね
Facebook
Twitter
LinkedIn

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事
Contact
温井和佳奈への取材、講演依頼、途上国SDGsプロジェクトに関するお問合せ、その他お仕事に関するご相談はこちらから