50代のおひとりさまの賃金と貯蓄、年金額と、幸せ度はどれくらい?

Yahooニュースで3位になっていた話題、おひとりさまのお金事情。ちょっと気になる話。私は、カンボジアと比較して日本はスゴい国と思うけど、先進国と比較するとちょっと残念な部分もあり。

「人口統計資料集 2021年版」によると、2015年の50歳時のおひとりさまの男性は約30%、女性は約26%を占めるという。私は少数派26%に属しているけど、近い未来、多数派になるんじゃないかなと思う。私自身、結婚願望ゼロ(負け惜しみとか言わないでね)なのだけど、それを象徴する統計を見つけてしまった。

結婚している人より、おひとりさまの方が「幸せ度」が高い?

結婚生活に満足している夫婦の場合のみ、おひとりさまの幸せ度を上回るけど、普通か不満だと、おひとりさまの方が人生の幸せ度が高い。結婚して10年たつと、結婚して満足な人たちよりも、普通・不満の人たちの合計が上回るので、結論として、「人生の幸せ度は、おひとりさまでいる方が高い」確率だということかなー。なんか面白い(笑)

引用:PRESIDENT Online 佐藤 一磨 拓殖大学政経学部准教授

ということで、大切になってくるのがお金の話。

先進国なのに賃金が激安な日本

厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査」より、

●男性(50~54歳) 正社員:431,200円、正社員以外:242,600円

●女性(50~54歳) 正社員:302,600円、正社員以外:195,600円

女性の低さが目立つ。なんたって「日本は120位の国」だから。50代なら一生で一番お給料が高い時期、感覚としては先進国の中だと例えばアメリカの半分強くらいの収入なんじゃないかと思う。地域、職種により一概には言えないけど。。

50代単身世帯の金融資産額(平均:924万円 中央値:30万円)預貯金は有るがその中で運用または将来の備えがゼロが41.0%、貯蓄100万円未満が10.4%。

50代おひとりさまの半分は、貯蓄額100万円未満

50代おひとりさまのおよそ半分が貯蓄0~100万円未満という現実。50代で貯蓄1000万円を超えているおひとりさまは約2割。

●国民年金〈全体〉平均年金月額:56,252円 〈男性〉平均年金月額:59,040円  〈女性〉平均年金月額:54,112円

●厚生年金〈全体〉平均年金月額:144,366円 〈男性〉平均年金月額:164,742円  〈女性〉平均年金月額:103,808円

●自営業やフリーランスの方は国民年金のみとなるとひと月5~6万円。(厚生労働省の「令和2年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」)

むむむ、どこかに勤めてもらえる給料だけだと老後が少し厳しそうだから、アフター60代を今から考えておくと良いかも。オンライン上で副業するとか、ミニマリストになるとか、カンボジアへ移住するとか(笑)

カンボジアで1ヶ月35,000円で暮らしてた時のことをご参考までに。移住してもいいかも!興味ある人は、相談に乗ります(笑)

この記事が気に入ったらシェアしてね
Facebook
Twitter
LinkedIn

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事