意外とみんな「クリぼっち」

「全てを失った体験」を書いた翌日に「クリぼっち」がタイトルじゃいかんと思いつつ、ブログ1,000日修行二日め。

最近の若者にとった統計によると、クリぽっちは全体の65%らしい。彼氏彼女と過ごすのは20%、友人と過ごすのは7%とか。

今の若者、特に男性にはもう少し頑張ってほしいなーと思う。

クリスマス直前に、そんなどうでも良い統計を見ていると

先輩経営者からメッセが。

「クリスマス24か25日なんて空いてないよね?」

「ぼっちクリなので両日空いてます」

クリぼっちの単語も間違えたまま返事すると、即、呼び出し。

待ち合わせ場所に行くと、先輩経営者はクリぽっち(先輩経営者の娘含む)を集めたから、と知らない人1名含む4人で乾杯。

久々にスパークリングワインと分厚いステーキ、食後はライブだという。

先輩経営者と娘から私の廃人体験について矢のような質問がきて、一度は情熱をかけたカンボジアから撤退を決め全てを諦めたこと、母が旅立つ時に奇跡的な出会いをしたこと、そこから状況が一変したことなどを話した。

「その出会いから奇跡が起きたのは、あんたが10年やってきたベースがあったからだよ」

先輩は私より辛い経験をされている。

「お母さんに守られたんだね」とも。

そんなクリスマスに似合わない会話で、音楽タイムへ。

クリスマスソングなどで盛り上がり、みなさん手を万歳するように頭の上にあげて、音楽に合わせて手拍子をしている。

私も手拍子するが、右手が五十肩で痛くて全く上がらず。

仕方なく左手だけ上にあげ、右手は下のまま手拍子。

まるで、私だけ場違いなおもちゃの「お猿のシンバル」のような手拍子になってしまった。

ちなみにあまりにも美味しかったのでシェア。メインは常陸牛。元ボクサーの肉大好きな超こだわりの匠がシェフだそう。

焼き方がなんとも特殊。外だけ軽く焼いてあり中は真っ赤、しかし血がたくさん滴ることもなく、柔らかく美味。

gicca https://gicca.jp

理解してもらえている実感のある仲間、美味しい食事、素敵な音楽。7%のクリスマスは、なかなか良かった。

澄んだ夜空を見上げると自然と口から

「ありがとう」

母に、仲間に、先輩親子に、今日出会った人たちに感謝。

この記事が気に入ったらシェアしてね
Facebook
Twitter
LinkedIn

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事